teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


こんなネタはどうでしょうか。

 投稿者:レッドチンケ  投稿日:2007年10月28日(日)12時22分42秒
   久しぶりです。初々しさも鞘剣の魅力の一つだと私は思います。レッドチンケです。
やはり自分の場合、士郎がセイバーへの愛を抑えきれなくなり襲ってしまう。そんなオチを考えてしまいます。結局、それは未遂で済むと言うオチですが…。
 美味しい物を求める旅先で泊まった健全な宿で「やめて下さいシロウ。それだけはどうか…お願いします」と嫌がるセイバーに対して「『初めて』でも痛くしないから大丈夫だよアルトリア」と言い抵抗するセイバーを押さえつけ、時間を掛けて『準備』を進めていく士郎。勿論、『準備中』においてのセイバーの様々な反応に「なんて可愛いんだアルトリア」と感動する士郎。勿論、この『準備中』の時の声を偶然、泊まっていた宿の客に見られた事が未遂に繋がると言う物を…。勿論、「そこは、シロウ…ダメです」の一言が隣の部屋にまで聞こえ、その声を聞いた客が「女の人が…男の人に襲われて…如何わしいッス」や「一体何が始まるでヤンスか」や「部屋越しで見えないが男の『まだ穢れを知らないバベルの塔』は雨竜の物とは別格の禍々しさだ」と言った後で宿の従業員を呼びに行くと言う物です。
 勿論、弱々しい声すらも出せないほど準備完了な状態になったセイバーに対して「もっと可愛い所を見せて、アルトリア」と言い『最終作業』を開始しようとした所で部屋のドアが開き「あんた、その女の人に何やっているッスか」と言う声と共にオチですがどうでしょうか。勿論、士郎達の一件の目撃者は管理人さんには言わなくても分かると思いますから、あえて言いませんが。
 あと吸血鬼ものでブラック・ブラッド・ブラザーズ(通称BBB)と言う小説を見つけました。結構面白いので報告をします。興味が出た時にBBBを読み、それをネタとして吸収すれば吸血鬼と言うものに深みが出る事間違いなしです。主人公の望月ジローを見れば死徒の可能性を垣間見せてくれます。
 ちなみに遠坂の相手はアーチャー以外にはありえないと思う。士郎の花嫁はセイバー。遠坂の花婿はアーチャーが相応しいと言うのが自分の見解なので…。
 それでは管理人さん。更新気長に待っています。では。
 
 

ただいま

 投稿者:10=8 01  投稿日:2007年 8月21日(火)23時49分59秒
   コミケいってきました。DDDDの売り上げは、大体7割くらい。残りは冬にでもー。
 少なく刷ったら、それ以上に売れなかったというオチ。


>レッドチンケさん
 最近のBLEACHはソウルソサエティ編の焼き回しみたいで付いていけない僕がいます。後、
ボクらの太陽も幻水もやったことないから、わかんないわかんないw すんません……
 まあ、ネタが出るなら、掲示板で書くよりも自分で文章にしてみるのが一番かもしれま
せん。こういうところとか日記とかで書くと、もう書いたような気になってしまって、
大概、後々書かないなんてオチが多いので、実行あるのみかと思います。
 あと、ウチは鞘剣ものだけを取り扱ってるわけではないので、そっちもよろしく
お願いいたしてくれたら嬉しいな、と。


 はい、それでは今日はこのへんで。
 

アーロニーロの「喰虚」は何気に最高です

 投稿者:レッドチンケ  投稿日:2007年 8月18日(土)20時20分15秒
  アーロニーロの手によってこのままだと一護×ルキア崩壊の危機が…。ボクらの太陽のジャンゴ×リタや幻想水滸伝Ⅱのヒックス×テンガアール。そして鞘剣と一護×ルキアなどのカップリングに熱を入れ、ここを始めとした色々なサイトで学びながら腕を磨きます。レッドチンケです。
ちなみに小説の内容としては某マガジンコミックスが元ネタで異なる世界を渡ります。ちなみに士郎サイドの場合は倒れてしまった一成の為に薬草探しに出かける話です。もちろん、結果的にセイバーが着いて来てしまった為に何度も『如何わしい事』をしそうになると言う危なっかしい物です。ボクタイサイドではジャンゴサイド。ブリーチサイドでは一護サイドと言う感じでコラボさせ続けます。もっとも士郎達は他の作品のキャラとは別に動きますが…。
そしてやはり、王様時代のセイバーがいるブリテンにジャンゴ達や一護達が移動した時は藍染達を、特にウルキオラを出すつもりでいます。円卓の騎士達を率いて国土の安定と部下や民の幸せと笑顔の為に戦うセイバーと誤解や『旅に干渉する者の一手』なのかセイバー達に追い回されるジャンゴ達や一護達。セイバーから逃げ回るジャンゴ達への追い討ちなのかウルキオラの出現、そして死闘。
色々なマンガのキャラが見た五世紀のブリテンでの惨劇と異種族達の協力による『聖戦』。そう言った物を書けるようになるべく。小ネタ集を読んだりして修行します。
 とりあえず自我を失ったジャンゴがセイバーにある事をした為に彼の両の黒い目のうち右目がセイバーと同じエメラルドグリーンに変わると言う一件も出せるように腕を磨きます。
その光景に関しては元ネタの一つであるマガジンコミックスを見ている人には分かる事ですが…。
とりあえず長くなってしまいましたのでこの辺で失礼します。またの鞘剣物の小ネタが出来た時は急いで見に来ます。では…。
 

乙女画報乱丁祭

 投稿者:10=8 01  投稿日:2007年 8月17日(金)07時16分2秒
   実はけっこー前から乙女画報セイバーの増刷分に乱丁が混じっているのが発覚。
 で、調べてみたらあるわあるわ……ということで、データーから再発行してもらおうと
思ったんですが、何かデーター無いしね。はは。そんなわけで手持ちの無事なヤツを見なが
ら打ちなおし。何してるんでしょうか、僕は。阿呆すぎる。そんなわけで色々あります。


>らららさん
 えへへへ、DDDです。DDDです。超展開というか、既にBLオチが超展開という罠。
 基本的に僕の書くギャグは前半持ち上げて後半落とすタイプが、これまでの傾向から
非常に多いので、シリアス路線に走ったら何らかのオチがあると思ってもいいかもしれま
せん。ん? 何か自分でハードル上げたような?
 DDDDは現在四作品書きましたが、残りはコミケのコピー本(というよりも手作りの
折本)に収録という形を取らせてもらいます。なお、こちらの本は書店への委託販売を
まったくもって考えていないものなので、コミケ三日目で買うしかないですね。WEB上
での発表もありません。基本的にコミケとWEBの両方で掲載という形はとらない性質なので。
 まあ、そういうわけで我侭言わせて貰って申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。


 それでは。
 

(無題)

 投稿者:ららら  投稿日:2007年 8月16日(木)23時10分59秒
  えへへへ、DDDだ。DDDだ。早くもDDD3巻がでないかなと思う今日この頃、このような作品に出会えたのは嬉しい限りです。途中まで超展開に進むのかなと思っていたところへのBLはまさかの不意打ちでした。ダマされましたコロっと、はい。

他の作品はコミケで販売ということですが、どこかで売ったり(そこらへんよく分かりませんが虎の穴とか?)はしないんでしょうか?
 

身動き取れてない

 投稿者:10=8 01  投稿日:2007年 8月 6日(月)23時57分44秒
   まだ色々ある日々。

>レッドチンケさん
 ご感想ありがとうございます。
 基本的に鞘剣な二人が好きなので、そういう話が多いです。あんま意識していないんです
けれど、何か思い浮かぶネタがそっち方向ばっかみたいで。色々なジャンルに手を出してみ
たいとは思っているのですけれど。
 あと、卍解は比喩表現程度に。
 個人的に疋殺は無いなあ。士郎はセイバーを大切にするだろうな、っていう考えが僕の中
ではあったりするので、そこまで堕ちるのはちょっとね……あと、ブリーチはアレ、なんか
ルキアが明らかに罠なのにあっさり引っかかったりして、最近萎え気味。オサレ先生ガンバレって。

 そんな感じ。
 

初めまして

 投稿者:レッドチンケ  投稿日:2007年 7月29日(日)13時19分41秒
  初めまして管理人さん。私の名前はレッドチンケと言います。今日は挨拶と感想の為に書き込みました。もちろん鞘剣ものの小説と短編集を気に入っての事です。
特に気に入ったのは小説ではデートをするつもりが屋敷でイチャついたのが気に入っています。セイバーの可愛らしい声と女の子らしさが露になるのがいいです。
短編集では松茸を食べる時に『如何わしい事』に発展したり、桃太郎ネタで結局持ち帰りになったり、小龍包から、やはり『如何わしい事』に発展するのが…。やはり士郎は周りの人からケダモノに思われているのでしょうか…。
あと風邪を引いたセイバーに対して事を起こそうと宝具ならぬ『斬魄刀』した時に藤ねぇに見つかったのが最高です。あの後、きっと士郎は藤ねぇに酷い目に遭わされていると思います、ヘタをすれば知り合い全員から。
ちなみに自分は始解なら四肢を動かす命令を絶つ疋殺地蔵(あしそぎじぞう)や斬り付けた対象の重量を倍化させる侘助(わびすけ)です。ただ、これを士郎が投影出来るようになったら士郎の特殊性癖がさらに悪化すると自分は思いますが…。
セイバーを愛しているが故に、その愛を抑えきれなくなり。疋殺地蔵で四肢を動かせなくしたり、侘助でセイバーがいつも着ているブラウスやロンスカの重量を増加させて「いけませんシロウ」ですが…。
だけど破面の『斬魄刀』の中でアーロニーロの喰虚(グロトネリア)は月姫のネロを思わせるネタが多数ですが、開放状態の見た目がタコなのを見て「ルキアに対して触手を…」と思ってしまいましたが…。
とりあえず今日はこの辺で失礼致します。色々なサイトや漫画で人類の英知を思わせるネタが多数で素晴らしいです。これからもマンガとかで語り合えると嬉しいです。
 

色々在りすぎて死にそう

 投稿者:10=8 01  投稿日:2007年 6月 6日(水)23時57分10秒
   とりあえず報告を。
 とらのあな通販用の乙女画報に不備あったので再発行と印刷費の捻出に追われています。
 私生活で色々ありすぎました。
 あと、夏コミは落ちました。冬にまた会いましょう。
 新刊作ったりして委託する予定は今のところ皆無です。

>彼方さん
 絶賛更新停止中で申し訳ございません。
 剣ヲ継グ者に関してですが、正直な話、あんまし周りからの評判は芳しくないです。
 今のところ奇をてらって呼び水にしているような印象を、僕自身が周囲の反応から
感じ取っていたりいなかったり。あと、彼と彼女についてですけれど、そこらへんの
正体云々真名云々っていうのは本筋じゃなかったりすると考えてたり。
 続きは……ええと、長い目で見守って下さい(そう言って早1年半か……)

それでは。
 

はじめまして

 投稿者:彼方  投稿日:2007年 4月22日(日)01時19分38秒
  剣ヲ継グ者、毎日読み直すぐらいな感じで楽しく読ませてもらっています。
「彼」が登場する話自体少ないのに、主役級(・・・ですよね?)の扱いで出演していて本当に感無量です。
これから先「彼」がいる事で物語がどのように転がってどんな結末になるのか、そして各キャラが各々どのような選択をする事になるのか本当に楽しみです。
けれど、一番気になるのは個人的にはやっぱり「彼」と「彼女」の行く末です。
・・・所で気になっていたんですが「彼」は「彼」で「彼女」は「彼女」で間違ってないです..よ...ね?
(余計に混乱する聞き方するなよ自分・・・。)
ダラダラ文章書いて本当にすみませんでした。
 

かにとかしのとか

 投稿者:10=8 01  投稿日:2007年 2月16日(金)02時11分19秒
   かにしのに嵌るここ最近。

>haruさん
 はじめましてー。SSを読んでいただきありがとうございます。
 数だけはそこそこ揃えたつもりなので、肩肘張らずに暇な時間に読んでいただければと
思う次第。いや、必死になっていただけるのは非常にありがたいことで感謝の極みですが。
 剣ヲ継グ者では各話のタイトルにthe pillowsの楽曲を使用させていただいています。
 だからといって特にBGMというわけではないのですが、タイトルに即した感じにしようか
な、という程度には意識していますね。後は趣味。完全に僕の好みという勝手っぷりです。
そのうち、新曲のスケアクロウもネタにするかもしれません。
 ともあれ、これからも宜しくお願いいたします。

それでは。
 

レンタル掲示板
/13