teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(46)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ラジカセーヨッフムークーベリック

 投稿者:林 侘助。  投稿日:2021年 4月27日(火)07時26分59秒
返信・引用
  うわぁ、昭和色満載!カセットは再びのブームとか。自分の世代は青春ですよ。

ヨッフムのBruckner、クーベリックのMahler、まさに王道オーソドックス、これも一周回って新鮮な存在になっているのかも。前者の煽りは少々ご遠慮気味、後者は自分のリファレンスとなります。毎日、代わり映えせぬワン・パターンな「音楽日誌」拝読感謝。

http://kechikechiclassi.client.jp/

 
 

朝比奈/大阪フィル

 投稿者:osaka59  投稿日:2021年 4月26日(月)20時07分31秒
返信・引用
  朝比奈/大阪フィルBruckner、懐かしいです。ブルックナーやマーラーは、FMで用事をしながら聞くくらいです。たまにルツェルン(ユーチューブ)。ラジカセ用には、ドレスデン、ヨッフム、バイエルン、クーベリックを準備していますが、スイッチ入れた後、用事に集中して聞いていないことが多いです。これから聞き進めたい曲です。  

シカゴ交響楽団ハーセス&Scarlatti

 投稿者:osaka59  投稿日:2021年 4月25日(日)18時24分50秒
返信・引用
   運動、尊敬です。私は、今日も、メルカリなどの用事で自転車に2回乗ったくらいです。トランペット、きっとハーセスなんでしょうね。冒頭のトランペット、続く弦楽器、聞きほれてしまいます。大フィルのトランペット奏者は、シカゴによく行ってはりましたが、今でも、この流れなんでしょうかね。オーケストラの世界でも、人のつながりが大切なようです。
 スコット・ロスの全集、挫折して処分。しかし、最近のデジタルピアノは、共鳴板スピーカーもあり、自動演奏ピアノのような楽しみ方ができ、手放したCDをおしんでいたりします。ヤン・ベルダーのチェンバロ、いいですね。
 

風呂で転倒?Re: Artur Rodzinski

 投稿者:林 侘助。  投稿日:2021年 4月25日(日)10時31分48秒
返信・引用
  > No.432[元記事へ]

 そうですかぁ。お互い気をつけましょうね。ぼちぼちいきましょう。

 50歳代お仕事一番忙しかった頃、精力的に呑みに行っていた頃は体調悪く、風邪をようひいて咽も腫れておりました。サラリーマン生活の晩年を迎えて、まず身体を鍛えることを考えて減量を志したものです。健康第一!

 ロジンスキーも60歳代で亡くなって、時代も違うけれど喫煙+肉食生活だったのかな。露西亜の往年の巨匠もみな長命を保てませんでした。

http://kechikechiclassi.client.jp/

 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 4月25日(日)07時34分18秒
返信・引用
  今日のebコンサートはBrahmsのピアノ関連曲です。まずピアノ四重奏曲第1番。DemusとBarylli SQメンバーによるWestminster録音でお送りします。Westminsterレーベルは初期においては、やれColumbiaカーブだNABだと忙しいのですが、さすがに1956年のこの録音ではNew Orthophonicカーブになっています。

全曲の実演は未体験ですが、Finaleだけ古沢巌とタイフーンバンドで聴いたことがあります。
https://eqcurves.com/2021/04/24/brahms-pf-quartet1-demus-1956/

さて後半戦はピアノ協奏曲第2番です。Richterと言うと色んな人がいるのでピアニストとしてはリヒテルとカナ表記した方が通りが良いかもしれません。オケ伴はLeinsdorf / Chicago soです。2曲あるrahmsのピアノ協奏曲では圧倒的に2番が好きです。冒頭のhornのsoloに続くpianoの渋い単独solo、痺れます! Horowitzなんか大きく構えて良いテンポで弾くんですよ。今日のリヒテルは若いというか速いテンポで、その若さを楽しむ演奏と言えるかもしれません。ご堪能ください。
https://eqcurves.com/2021/04/24/brahms-pf-con2-fichter-1960/
 

Re: Artur Rodzinski

 投稿者:osaka59  投稿日:2021年 4月24日(土)22時45分39秒
返信・引用
  > No.432[元記事へ]

>修了
終了。きちんと見えていませんでした。
 

Artur Rodzinski

 投稿者:osaka59  投稿日:2021年 4月24日(土)21時23分31秒
返信・引用
  1,990円(ユーチューブでもあまり音源ないですね。)、以前やったら、即購入ですが、先月、風呂場で意識を失い転倒、首など全身あざだらけで、運良く生きてて、家族に迷惑かけんように自分の物は、CDやアルバムなど全て処分をして、残すは、着る物とパソコンやラジカセくらいにしてしまいました。逆に、ありがたいことに、孫のおままごとセットなどは、どんどん増えています。昨日は、孫がもう一人増え、女の子が多いので、おままごとセットは、これからも増え続ける予定です。孫も弾くのでデジタルピアノ(以前、狭い家にグランドピアノを入れて、弱音で我慢した苦い経験もありまして)も買ってしまいました。ただ、ガラケー修了とのことなので、今年度中に、IIJmioかTONE MOBILEにしようと検討中です。Artur Rodzinskiのワーグナーをユーチューブで見つけることができなかったので、Beethoven Symphony No. 5 from Film "Carnegie Hall" (1947) - Artur Rodzinskiの動画で指揮の様子を見ました。奏者が全員男性で時代を感じますね。  

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 4月24日(土)14時26分31秒
返信・引用
  今日は季節が良くなってきたので自然を愛でる観点から2曲をお届けします。まずはBeethovenの田園交響曲。今日は1950年の録音でklemperer指揮によるWiener Symphonikerの演奏です。Klempererと言うとどっしり立派な演奏というイメージですが、この当時はまだまだヤンチャなおじさんです。

田園の実演のプチメモリー。1986年年末のN響定期。ベト5、6のプログラムでNHKホールの前では何とダフ屋が出ていました。指揮はSuitner。
https://eqcurves.com/2021/04/24/beethoven-symphony-no-6-klemperer-1950/

もう1曲はDvorakの8番です。今日はSzellの指揮、Concertgebouwの演奏です。Deccaによる1951年の録音は、アメリカ市場を意識して古いOrthophonicカーブのようです。Deccaのffrrカーブは本当に貴重。イギリス国外の録音では極少ないと思われます。8番は愛好曲ながら実演経験が大変に少なくてKosler、Neumann、Eliskaそれに小泉さんの4度に限られています。偏食が極端(^^;。このwebコンサートでもあまり取り上げていませんね。Beethoven田園と季節感は異なるかもしれませんが、お楽しみください。
https://eqcurves.com/2021/04/23/dvorak-symphony-no-8-szell-1951/
 

Delius

 投稿者:ぽち  投稿日:2021年 4月19日(月)11時56分34秒
返信・引用
  確かにchandos.netでみるとそうなっていますね。原題はPaa Vidderneらしいので多分英訳の違いかも。以前はDeliusと云えば、Beecham、Barbirolli、Fenby当たりが定番だったですが、色んな演奏が増えました。
少し前の記事でRVWの交響曲第9番がありましたが、多分ですが高校生の頃心斎橋の日本楽器でeverest(輸入盤LP)を見つけて今でも持っているはずです。
 

Re: Delius

 投稿者:林 侘助。  投稿日:2021年 4月18日(日)20時49分39秒
返信・引用
  > No.428[元記事へ]

「On the Heights」となっております。ビーチャムは音源持っていたかも、確認します。

 ちゃんと読んでくださっているんやなぁ、ありがたい。



> お久しぶりです。楽しく拝見させていただいております。
> 定例更新にあったDeliusの交響詩「頂にて」ですが、英題は"On the Mountains"ではありませんか。
> https://delius.music.ox.ac.uk/catalogue/document.html?doc=delius_paaviddernesymphpoem.xml
> Andrew DavisやBeechamの演奏もあるみたいです。

http://kechikechiclassi.client.jp/

 

レンタル掲示板
/47