teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 7月25日(土)08時21分13秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  "STAY@HOME"を唱えなければいけないようになってきましたので、
今日もパブリックドメイン音源によるwebコンサートをお届けします。
今日はアルヘンタの「グレート」を用意しました。久しぶりに聴いた
のですがとても老成した部分が聴かれて素晴らしいです。こんな音楽を
やっているから早逝してしまったのかな。できればドイツ圏のオケと
残してくれたら、せめてロンドンと、などと考えてしまいます。
https://eqcurves.com/2020/07/23/schubert-symphony-8-argenta/

先日SzellのワグナーをNYPで公開したときに一緒に出したかったの
ですが、その時はEQが決まらなかったのです。やはりこれしかないと
いうことで今日公開することになりました。NYPと比べると引き締まった
響きです。
https://eqcurves.com/2020/07/24/szell-conducts-wagner-1962/

いずれもEQカーブの適正化で素晴らしい音質になっています。
スピーカーからある程度大き目の音で再生することを推奨いたします。
どうかお楽しみを。

https://eqcurves.com/

 
 

連続投稿すみません

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 7月24日(金)11時17分37秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  週末webコンサート続き。カウフマン/スウォボダによめ史上初録音の「四季」です。
バロック音楽の演奏やら録音やら手探り感一杯でなかなかに楽しい。オケ側のsolo
パートを複数で弾いていたり、トレモロのような32分音符の連打がMIDIのトレモロ
みたいに聴こえたり、オルガンが過大に響いたりツッコミどころは少なくないですが、
割と古楽器演奏全盛の現代に聴いてもそんなに違和感がありません。
音質も1947年のマイナーレーベルらしからぬ立派な音。多少のカットは仕方ないかな。
週末限定で公開してます。

https://eqcurves.com/

 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 7月24日(金)10時39分17秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  筑摩書房から出版されていた世界音楽全集は邦人演奏によるソノシートで名曲が
楽しめる仕立てになっていた。第9巻は藤原義江が中心になった回。適正EQが古い
ほうのffrrであることが分かった。あのベラベラのビニールからは想像できない
生々しい音で入っている。

御年63歳藤原の旦那、この後もしばらく舞台に上がっていたそうだがかなり痛々
しい。勤続疲労というやつか。しかし流石舞台人。「女心の歌」でのカデンツァ
は既に歌えなくなってはいるけれど途中で「ハハ」と入れた笑い声。
「麦打ち歌」の闊達なかけ声など見事な名人芸が聴かれる。ピアノはデビュー
直後の宮沢明子。歌の伴奏など想像もつかないがそつなくこなしている。
週末まで公開しています。

https://eqcurves.com/2020/07/23/complete-world-music-vol-9-fujiwara-1961/

https://eqcurves.com/

 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 7月19日(日)10時03分19秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  コロナ、まだまだ拡大していますね。できるだけ家に籠りませう。
今日のwebコンサートはオイストラッフによるシベリウスの協奏曲を
用意しました。この演奏は伝説のレコード屋、小池レコードでの
デモ盤として鉄板でした。店に入ると必ず一度は聴かせられる1枚
です。この音を聴けたお陰で今日のEQ弄りが捗っているという訳です。
https://eqcurves.com/2018/11/28/sibelius-violin-concerto-oistrakh/

日曜webコンサートのもう一枚はコンヴィチュニーの最後の録音である
ブラームスの1番交響曲です。かつてライヴとの話もありましたが
セッション録音のようです。いずれもパブリックドメイン音源です。
素敵な日曜日をお楽しみください。
https://eqcurves.com/2019/01/24/brahms-symphony-1-konwitschny/

https://eqcurves.com/

 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 7月18日(土)14時16分24秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  私が住む青森県でもコロナがぶり返してきたのでできるだけお篭りいただきたく
地味にwebコンサート。ミトロプーロスのシューマンをお聞きください。
https://eqcurves.com/2020/07/18/schumann-symphony-no-3-mitropoulos-1947/

2曲目はカーゾンによるチャイコフスキーの協奏曲。セルが伴奏している旧録音。
久しぶりにffrrが嵌る録音に出会いました。
https://eqcurves.com/2020/07/18/tchaikovsky-concerto-no-1-for-piano-orchestra-curzon/
パブリックドメインの音源ですが、のんびりとお楽しみください。

https://eqcurves.com/

 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 7月12日(日)10時43分50秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  日曜webコンサートはシュワルツコップによるオペレッタ名曲集。
あなたの目の前でシュワルツコップが歌ってくれます。大好きな
ナンバー、「機嫌を損ねないで」「チロルではバラが贈り物」も
含まれていて個人的にはゴキゲンな一枚です。
https://eqcurves.com/2018/10/27/elisabeth-schwarzkopf-sings-operetta/

シュワルツコップが無人島に持っていきたい1枚に選んだアルバム。
その理由は明らかになっていないけれど、案外売れない時代にゴチ
になったとかそんな理由だったりして(笑)。シンフォニックな
良い演奏だとは思うけれど、LP時代の宣伝文句にあった
「ハンガリーはオーストリア=ハンガリー帝国でウィーンとつながっ
た文化を持っているので、ハンガリー出身の指揮者はウィンナ
ワルツが得意なのです」というのはあまり信用できない。
オーマンディしかり、フィードラーしかり。フリッチャイは悪く
ないと思うけど。ライナーの録音はいつもどおり素晴らしい音質。
https://eqcurves.com/2019/06/08/j-strauss-waltzes-reiner-1960/

https://eqcurves.com/

 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 7月11日(土)10時10分34秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  コロナが俄然心配になって来ているので
今週も継続です。まずはKubelikとWphのプラハ交響曲。殆ど話題に
ならない:けど録音・演奏ともに素晴らしいですよ。
https://eqcurves.com/2020/07/11/mozart-symphony-no-36-38-kubelik-1961/

続いてArrau / Haitinkによるベートーヴェンの1番協奏曲。スター
演奏家によるピアノの生体験は数えるくらいしかないですが、Arrauは
その中の一人。ピアノの前に腰かけてポロンポロンと2-3の和音を
弾いてから曲の演奏に入る古風なスタイルが印象に残っています。
https://eqcurves.com/2018/11/25/beethoven-concerto1-arrau-1964/

webコンサートのメインはWalter / Columbiaの田園です。言うまでも
ない名盤です。New Orthophonicでの再生です。凄い音がしてます。
1958年当時のベートーヴェン演奏は大編成というのが日本人の頭に
あって、この演奏が小編成のため響きが薄いとか言われることもあった
ようですが、今では普通に人数を刈り込んだ演奏も少なくないので全然
違和感を感じません。
https://eqcurves.com/2018/10/28/beethoven-complete-symphonies-walter-columbia-so/

私も散発しなきゃ。梅雨の湿気で天然パーマがく~るくる。

https://eqcurves.com/

 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 7月 5日(日)10時52分46秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  クナッパーツブッシュによる1950-51年の「マイスタージンガー」を
追加しました。長大なワグナーの響きをご堪能ください。

https://eqcurves.com/

 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 7月 4日(土)08時29分4秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  おはようございます。そろそろSTAY@HOMEでもないだろうとwebコンサートを
収束しようと考えていましたが、またぞろ感染者がぶり返してきたので今週
も実施します。まずはベーム/コンセルトヘボウの「ジュピター」。子供の
ころにフォンタナの疑似ステレオ廉価盤で持っていましたが、ノーマルで
再生した疑似ステレオだったことが大きく影響して音が悪く、演奏の印象が
全く残っていません。ところがEQの適正化を図ると今回はモノラルという
こともあって素晴らしい録音であり、のったりとしたメヌエットを除いては
最高の部類に属する名演奏なのではないかと感じました。ベームがこんなに
鋭い演奏をしていたことが確認できて嬉しい再発見です。

2曲目は今週亡くなりましたイダ・ヘンデルによるブラームスの協奏曲です。
2008年に新潟のりゅーとぴあで実演を体験し、ベートーヴェンの協奏曲を
聴きましたが既に高齢で立っているのがやっとに見えました。印象に残って
いるのは腫れ物に触るかのようなオーケストラで、その中で第一楽章終結
近くでファゴットのソロが青白い炎のように美しかったことくらいです。
それでも演奏が終わってから調子が良くなったとかで、バッハの無伴奏を
1曲、スペイン交響曲の第3楽章(だったかな?)を伴奏なしでアンコールして
くれました。今回webコンサートの指揮は若きチェリビダッケ。EQを使って
初めてRCA45というEP用カーブが適合しました。CDでこの演奏を持っている
方はぜひ比較してみてください。

ラストはフリッチャイのチャイコ5番です。1949年ビニールSP盤のための録音
ですがなかなかに良い音で入っています。厳しさが前面に出た表現は
ムラヴィンスキーに通じるものがあるかも。今日は曲別の直リンはありません。
というのも最新記事3つがwebコンサートに当たるからです。もしトップ画面で
音が出ないときはそれぞれの記事タイトルをクリックして単独記事に遷移
させれば音が出ます。素敵な週末をお楽しみください。

https://eqcurves.com/

 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2020年 6月27日(土)10時43分36秒 softbank060065084131.bbtec.net
返信・引用
  何となくSTAY AT HOMEはどこへやらという感じですが
3密を避けるべく(笑)パブリックドメイン音源による
webコンサートです継続中です。

梅雨の季節なので安易に「雨の歌」ソナタ。ヨゼフ・スークと
ジュリアス・カッチェンによる珠玉の名盤からスタートします。
https://eqcurves.com/2020/04/20/brahms-3-violin-sonatas-for-violin-piano-suk-1967/

スゼー/ボールドウィンによる「詩人の恋」。ピアノが
伴奏に徹しすぎるとか歌に訛りがあるとかツッコミどころ
はありますが、美声に酔いしれてしまいます。
https://eqcurves.com/2020/06/26/schumann-dichterliebe-souzay-1960/

メインディッシュは鱒をパネンカ/スメタナSQで。今日は
全部New Orthophonic再生です。やっぱりRIAAカーブ統一は
存在したけれど、収録カーブにはRIAA反転ではなくNew
Orthophonic反転がこっそり採用されていたのだなぁ。
RIAA再生では特にコントラバスなんて何を弾いているのか
あまり感じられないけれど、このように再生すると
ブンブンに聞こえます(笑)。
https://eqcurves.com/2020/06/27/schubert-trout-panenka/

素的な週末をお過ごしください。

https://eqcurves.com/

 

レンタル掲示板
/33