teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(69)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 8月29日(日)12時35分12秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。本日はWphの録音を2つ。まずはMozartのクラリネット協奏曲をLeopold Wlach / Karajanの演奏でお届けします。1949年録音ということで「音が悪い」と決めつけられていますが、HMV78カーブで再生すると音が前に出てきました。
https://eqcurves.com/2021/08/29/mozart-clcon-wlach-1949/

もうひとつはKripsによるあっさり目のウィンナワルツ集です。日曜の午後、まったりと過ごすのに向いていると思います。
https://eqcurves.com/2018/11/28/memories-of-vienna-krips-1957/
 
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 8月28日(土)07時43分53秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。本日はSzellがBphに客演したSalzburg音楽祭のLIVE録音です。Mozartの交響曲第29番と40番。ヒストリカル、あるいは1960年頃までのmono時代の放送録音を再生するコツが掴めました。今まで録音で聴いた感覚ではSalzburgの祝祭大劇場はバサバサに乾いた音響なのかと思っていましたが、こうしてちゃんとした音に直すと潤いのある響きであることが分かります。
https://eqcurves.com/2021/08/27/szell-bph-mozart29-40/

感染防止に努めつつ、週末を工夫して楽しくお過ごしください。
 

前倒し日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 8月21日(土)18時43分13秒
返信・引用
  前倒し日webコンサートです。今回はHaydnの88番交響曲をToscaniniの指揮で。NBC交響楽団が旗揚げされた翌年の録音なので、あまり上手ではありません。第2楽章がとっても遅いので、調べてみたらテンポ表示がLargoだったのですね。Toscaniniはそれを忠実に守っているというわけです。Haydnは私にとってあまりなじみがない作曲家ですが、88番は好きな方です。生体験4度はHaydnでは最多です(笑)。
https://eqcurves.com/2021/08/21/haydn-sym88-toscanini/

もう一本はBrahmsの4番をKarajan / Bphの1963年盤でお楽しみください。重厚な味わいが素晴らしいですよ。EQは古いOrthophonicカーブでした。Brahmsは4曲の交響曲を等しく愛していますが、コンサートでは1番に次いで4番を数多く聞いています。
https://eqcurves.com/2021/08/21/brahms-sym4-karajan-1963/

では明日ごゆるりとお楽しみください。
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 8月21日(土)12時31分8秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。まずはHaydnのびっくり交響曲。Furtwänglerによるセッション録音です。あまりHaydnは実演経験がないのですが、さすがにこの曲はMasur, Reiner Honeck, Schellenbergerと3回も聴いています。
https://eqcurves.com/2021/08/21/haydn-sym94-furtwangler-1950/

もう一本はBeethovenのピアノ協奏曲第4番をBackhausの旧録音で。オケ伴はClemens Krauss / Wphです。1951年の録音はウィーンではNABで、Kraussのニューイヤー第1集と同じカーブです。この曲をウィーンで聴いたときはPolliniがソリストでした。演奏が終わると客の3割がたが後半の演奏を聴くことなく帰ってしまったことが妙に印象に残っています。Wphを有難がるのは私のような観光客だけなのかもしれませんね。
https://eqcurves.com/2018/11/12/beethoven-pcon4-backhaus-1951/
 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 8月15日(日)21時33分25秒
返信・引用
  今日はEQカーブの検証を兼ねてBackhausによるモノラル録音でBeethovenのピアノソナタを4曲お届けします。まずは1950年録音でWaldsteinから。
https://eqcurves.com/2021/08/14/beethoven-pson-12-21-backhaus-1950/

そして第5番は1951年
https://eqcurves.com/2021/08/14/beethoven-pson-5-25-backhaus-1951/

続いて1952年のAppassionata
https://eqcurves.com/2021/08/14/beethoven-pson-23-28-backhaus-1952/

しんがりはPathetiqueで1953年録音
https://eqcurves.com/2021/08/14/beethoven-pson-8-9-15-backhaus-1953/

英Decca社の国外録音にはジャケットに書かれているffrrカーブは存在しないのではないかという検証を続けていますが、今回の1950年から1953年に録音されたこのBeethovenにもffrrカーブは存在しませんでした。

お盆休み、のんびり名曲名演奏補お楽しみください。
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 8月14日(土)10時50分0秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。本日は昨夜、八戸イカール国際音楽祭で聴いたBrakmsのピアノ2台版ハイドン変奏曲に触発されて、オケ版の同曲と3番交響曲です。ハイドン変奏曲は、意外にも実演経験に乏しくて自分でも驚いています。交響曲は何十回も聴いているし、それらに組み合わせで聴いていそうなものなんですが殆ど聴いていません。記憶にあるのは最初に聴いたMarkevichと3年前の秋山和慶さんの演奏です。

実はハイドン変奏曲はピアノ版がオリジナルなのかと思っていたのですが、ほぼオケと同時に造られているのだそうですね。昨日のコンサートではスリムな響きで、これがオリジナルの音なのかと感じていましたが、やっぱり低音不足気味だったようです。良い演奏に違いはありません。
https://eqcurves.com/2021/08/14/brahms-symphony-no-3-szell-1964/
 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 8月 8日(日)14時56分11秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。本日はFurtwänglerとWphによる1950年セッション録音のBeethoven 交響曲第7番です。最近HMV/英国Columbiaの1948年以降に使用されたEQ curveを認識してから、この時代の録音に再注目するようになりました。いかに古い録音であっても正しく再生して良い音で鳴らして成仏させてあげたいと考えているので、今日のような数あるFurtwänglerの録音としてはあまり顧みられない録音を紹介したいと考えました。誰も聴いたことのないベト7。どうかお楽しみください。
https://eqcurves.com/2019/04/14/beethoven-sym-7-furtwangler-1950/
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 8月 7日(土)09時22分38秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。週末webコンサートの更新です。今日はBruno WalterがNBC交響楽団に客演した演奏会の模様をお届けします。ヒストリカルですが音質はしっかりしています。CDではこの音は出ませんよ。WalterによるピアノでMozartの466協奏曲。そしてMahlerの巨人交響曲です。少々スクラッチノイズが乗ってますが、楽音がしっかり入っています。
https://eqcurves.com/2021/08/07/bruno-walter-in-concert-on-11-mar-8-apr-1940/
 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 8月 1日(日)10時53分21秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。本日はCluytensによるCarmenをお送りします。オペラは永遠の初心者なので、このオペラコミーク版と通常版の違いなどさっぱり分かりませんが、SP録音とは思えないくらい鮮明な音で入っています。どうしても観たい作品ではないということもあって、本格上演の経験がありません。知人が出演する小編成上演だとか、大須オペラとかで観たきりです。今後も海外旅行で日程の谷間でもない限り観ることはないと思います。それでは感染拡大を抑制しつつ、素敵な日曜日でありますよう。
https://eqcurves.com/2021/08/01/carmen-cluytens/
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 7月31日(土)08時34分10秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。今日はFurtwängler / WphによるBrahmsの1番交響曲。1952年のLive録音でお届けします。こちらは音質イマイチとの世評であり、DGのBph盤が決定盤的な扱いですが、音質が改善されているのでニュアンス豊かなこの盤だって負けていないと思います。
https://eqcurves.com/2021/06/20/brahms-sym1-furtwangler-1952/
 

レンタル掲示板
/65