teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(46)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年10月22日(金)19時52分28秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。本日は素晴らしい音質のヒストリカル再生2本でお届けします。いずれもFurtwänglerのLive録音で、戦中・戦後の名演が素晴らしい音で聴けます。まずはマグネトフォンというテープレコーダーの原型で1943年に録音されたBeethoven 交響曲第4番です。とうとうマグネトフォン録音の再生が分かった!ような気がしてきました(笑)。Melodiyaの初期盤を音源にしています。ベト4が続きますが、名演名録音に免じてご勘弁ください。
https://eqcurves.com/2021/10/22/beethoven-sym4-furtwangler-1941/

もう1本は永遠の名盤、Bayreuthの第九です。近年は通し演奏の放送録音が盛んに発掘されていますが、今回のものはプローベを継ぎ接ぎしたと言われているHMVから販売された方です。この録音を「レコード用」機材による録音か、「放送用」機材によるものかで鳴らし方が全く異なるのですが、今回は「放送用」として鳴らしてみました。はっきり申しあげると「別次元の音」になっています。今まで神格化されてきたのはもやもやの中から遥か彼方で鳴っている音でしたが、こちらは今そこで鳴っている音楽です。

でも音質が劇的に改善したら、なぜか有り難味が薄くなってきました(笑)。
https://eqcurves.com/2018/11/18/beethoven-sym9-furtwangler-1951/

素敵な週末でありますよう。
 
 

ダグニエル・ハーディン

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年10月21日(木)07時32分12秒
返信・引用
  自分で打った文字が違う順番で表示されることが私も増えてきました。
PCが古くなってきたせいでしょうか。カタカナの時に多いように思います。
 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年10月17日(日)09時22分4秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。日曜webコンサートです。本日はElgarのチェロ協奏曲です。du Pré / Barbirolliによる名盤です。ご堪能ください。
https://eqcurves.com/2021/10/17/elgar-vccon-du-pre-1965/

本日のカップリングは英国つながりでHolstの「惑星」。惑星ブームの先駆けとなったKarajan / Wphの演奏で。素敵な日曜でありますよう。
https://eqcurves.com/2018/12/15/holst-the-planets-karajan-1961/
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年10月16日(土)11時37分23秒
返信・引用
  いつもお世話になっております。週末webコンサートです。今日はキングレコードが奇跡的にSPレコードの金属原盤を戦前からの保有が確認されたということで、1980年代にLPに復刻されたMengelbergによるBeethoven交響曲第4をお送りします。現物LPはずさんな編集でヘンテコですが、修正してあります。
https://eqcurves.com/2021/10/15/beethoven-sym4-mengelberg-1938/

大作「ばらの騎士」Karajanの初期ステレオ録音をEQ変更して再放送します。飲食も含めて外出解禁のようですが、お家で過ごされる方はお楽しみください。
https://eqcurves.com/2019/04/28/r-strauss-der-rosenkavalier-karajan-1956/
 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年10月10日(日)17時02分40秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。夕方ですが日曜webコンサートです。本日はSchmidt-Isserstedtによるハンガリー舞曲集です。先日複数のLPをいただいたものの1枚です。ありがとうございます。なかなかに素晴らしい音で鳴っています。ちょい聴きしてみてください。
https://eqcurves.com/2021/10/10/brahms-die-ungarischen-tanze-schmidt-isserstedt-1962/
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年10月 8日(金)21時36分52秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。今日はFischer-Dieskauが最初に録音した「冬の旅」です。モノラルですけれど、それがどうした?というくらい素晴らしい音です。数あるFDの同曲の中でも力が入っている歌唱で、まるでステージで歌っているかのような力演です。

コンサートに長年通っているといっても細々と聴いてきたわけで、今までで聴けていなくて一番残念なのがFDの「冬の旅」です。でもこんなに素晴らしい音で聴けるのですから、世の中捨てたものではありません。
https://eqcurves.com/2021/10/08/winterreise-fd-1955/
 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年10月 3日(日)13時00分32秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。本日はGouldのピアノでBeethovenの3番協奏曲です。どこか違和感ある演奏ですが、お楽しみください。
https://eqcurves.com/2021/10/03/beethoven-pcon-3-gould-1959/

次なる1曲はTchakovskyの悲愴です。MonteuxとBoston響による1955年のステレオ録音。泣きを排除した潔い演奏です。
https://eqcurves.com/2021/10/03/tchaikovsky-sym-6-monteux/

それでは素敵な日曜の午後をお過ごしください。
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年10月 2日(土)06時54分43秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。週末webコンサートは1951年3月18日に行われたNY Phil.の定期からBeethovenの交響曲第8番とSchumannのピアノ協奏曲をVictor de Sabata指揮、Claludio Arrauのピアノでお聴きいただきます。まるでベト7を振っているかのようなテンションでの8番が聴きものです。
https://eqcurves.com/2021/10/01/victor-de-sabata-vol-1/

ヒストリカルは辛いよという向きには、セッション録音の「トスカ」をお聴きください。de Sabataの鉄板の名盤です。EQ訂正して再登場。
https://eqcurves.com/2019/05/07/tosca-de-sabata-1953/

本日はみちのく潮風トレイルのゴミ拾いをしてきます。素敵な週末をお過ごしください。
 

林さん

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2021年 9月28日(火)19時52分24秒
返信・引用
  コメントありがとうございます。Leinsdorf、ボストン時代も含めて良い録音、良い演奏が少なくないと思います。派手な演出がないのがアピール不足になってしまうのでしょうね。演出過多な巨匠の演奏も素晴らしいけれど疲れてしまうこともありますしね。  

エーリヒ・ラインスドルフ

 投稿者:林 侘助。  投稿日:2021年 9月26日(日)07時44分34秒
返信・引用
  Strauss 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」/歌劇「影のない女」より間奏曲(フィルハーモニア管弦楽団/1960年録音)/交響詩「死と変容」(ロサンジェルス・フィル/1961年)~エーリヒ・ラインスドルフ・・・旧EMI+Capital録音か?かなりクリアな音質鮮度。こんな録音あったのですね。情熱のシャルル・ミュンシュの後を受けたボストン時代(1962-1969)も人気イマイチ、オケへの厳しい要求にトラブルも連続していたらしい・・・そんなことは聴手にとってはどーでも良いこと。端正なアンサンブル、バランス、途中珍しい演目を挟んでユーモアと沈思黙考する激情作品はクールに躍動して立派な演奏と聴きました・・・とは「音楽日誌」2021年8月のコメント。

1960年前後のEMI録音には思わぬ立派なものがあって、ここでのラインスドルフは文句なしの出来、↓ 佳き音源を紹介いただきました。

http://kechikechiclassi.client.jp/

 

レンタル掲示板
/50