teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(61)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2022年 5月15日(日)11時47分47秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。今日はMozart交響曲第29番をKlempererの指揮で1965年録音からスタートします。意外なことにこの録音はRIAAカーブ対応としてRCAやDecca、Columbiaなど大手が採用しているNew Orthophonicカーブを、RIAA対応に腰が重かったEMIが試験的に採用したもののようです。
https://eqcurves.com/2022/05/15/mozart-sym-29-33-klemperer-1965/

もう一本はBeethovenのヴァイオリン協奏曲です。Menuhinのヴァイオリン、指揮はKlempererで1966年の録音。前半のMozartは1965年録音でNew Orthophonicカーブ使用でしたが、こちらはその後ですが元のHMVカーブに戻っています。

Menuhinはそんなに年齢が高くなっていないうちからポンコツ扱いされがちです。彼の古風な音色が一般機材であるRIAAカーブ再生では地味に聞こえてしまうこともそれに拍車をかけていると思われます。こうしてEQカーブを正して聞くとその美しい音色が聴き取れるようになります。
https://eqcurves.com/2018/12/03/beethven-vncon-menuhin-1966/

日曜日をBeethovenの歌心あふれる作品でお楽しみください。
 
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2022年 5月14日(土)09時29分38秒
返信・引用
  おはようございます♪週末webコンサートです。まず始めにBrahmsヴァイオリンソナタ題1番、第3番。江藤俊哉ヴァイオリン、Brooks Smithのピアノ。1958年の録音でどうぞ。江藤俊哉は我が国クラシック界の重鎮、桐朋学園の学長として知られていますが、若いころはJuiliardの教授だったり、アメリカの最大手音楽エージェントであるコロムビア・マネジメントで日本人専属アーティスト第1号という輝かしい経歴の持ち主でした。このレコードでも伴奏がHeifetzの伴奏者であったことからも当時の扱いの大きさを伺い知ることができます。
https://eqcurves.com/2022/05/13/brahms-vnsonatas1-3-eto-1958/

続きましてはSchubertの21番ピアノソナタです。Wilhelm Kempffが1950年に英国Deccaに残した録音。各レコード会社によってEQカーブが林立したことから、この録音のEQ特定が容易ではありません。実はDeccaのSPレコードのEQなのか自信がないのですが聴いてみてください。
https://eqcurves.com/2022/05/14/schubert-pfsonata-kempf-1950/

週末を穏やかにお過ごしくださいませ。
 

寝る時が一番・・・。

 投稿者:osaka59  投稿日:2022年 5月13日(金)20時01分42秒
返信・引用
   耳鳴りって、寝る時が一番やっかいで、寝ようとすると頭の中でキィーン!
イライラしておかしくなりそうになります。一番ひどい時は、寝ないでぼぉ~
っとしていて、いつのまにか意識がなくなるのを待っています。
 今回、久しぶりに大きな耳鳴りになったので、音楽とのつきあいかたも考え
ないといけなくなってきたのかなあ。
 昨年、お風呂でたおれてから、怖くて湯ぶねに入っていません。元気でいる
ことの難しさを感じつつあります。
 まあ、流れにまかせて、家族の迷惑にならんよう心掛けるしかありません。
 今日は、耳に優しい、ビルスマでバッハのチェロ組曲を少し聞きました。
 

ひかえています。

 投稿者:osaka59  投稿日:2022年 5月12日(木)08時44分30秒
返信・引用
   耳鳴りがあるけれで、慢性中耳炎は若い時からなので、耳鼻科にも行かないで様子を
みています。ここのところ慢性中耳炎だったというのを忘れるくらい調子がよかったの
で、無理をしたらあかんぞ!ということでしょう。
 音楽なし、テレビも少ない時間ほとんど無音です。用事ができる元気さがあるで、あ
りがたいです。今日の雨くらいなら、買い物も苦になりません。
 

ガリバーが業務スーパーに

 投稿者:osaka59  投稿日:2022年 5月 8日(日)21時15分53秒
返信・引用
   今日、たまたま家族に頼まれて、図書館の本を返却ボックスに持って行き、近くにあったガリバーという店が
業務スーパーにかわっていたのを知りました。隣にもディスカウントストアーができていて、お安い珈琲があり
ましたが、こちらでのお話を思い出して、業務スーパーで購入しました。ストックがあるので、飲むのはちょっ
と先ですが、楽しみができました。
 Beethoven:sq13:op13(0Kodaly Quartet)感動的でもあったのに突発性難聴です。耳を安静にすることにし
ます。
 

日曜webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2022年 5月 8日(日)09時25分32秒
返信・引用
  今日は1940年代終盤のアメリカで起業されたWestminsterレーベルの2点をお送りします。まずはBrahmsのピアノ四重奏曲第1番。DemusとBarylli SQメンバーによる演奏です。1956年の録音ですからさすがにNew Orthophonicカーブでの収録です。生々しい音でお楽しみください。
https://eqcurves.com/2021/04/24/brahms-pfquartet1-demus-1956/

もう一本。Westminsterが1952年にリリースしたSchubert「白鳥の歌」はMunteanuのテノール。ブログを開設した当初にこの録音を取り上げましたが、初心者の過ち。EQ対応表を信じ切ってColumbiaカーブと判定してしまいました。しかし後から再判定してみると、1950年代初頭に世界中で起こったLPブームによって一大勢力となったOld Orthophonicカーブで音が前にせり出してきました。
「白鳥の歌」は自分の刷り込みがFDのバリトン独唱なので、テノールは違和感なしとはしませんが、こうしてEQを正して聴いてみると、よりリリカルな感じがしてフォークソング的な親しみがわいてきます。日曜日を穏やかにお過ごしください。
https://eqcurves.com/2022/05/07/schwanengesang-munteanu/
 

週末webコンサート

 投稿者:ぶりちょふ  投稿日:2022年 5月 7日(土)18時03分47秒
返信・引用
  いつもありがとうございます。まずはMozartのクラリネット協奏曲から。Bernard Waltonのソロ、Karajan / Philharmoniaの演奏でお届けします。KarajanのMozartがダメという評論家が少なくないですが、私は寧ろ得意だったのではないかと思っています。ちょっとト短調やジュピターあたりが弱いのでそんな言われ方をされるのではと考えます。この曲はドイツ系の音色でないと不満になりますが、イギリス人の音色も悪くありません。3種あるKarajanの録音では一番地味な存在ですが、素晴らしい演奏だと思います。
https://eqcurves.com/2022/05/07/mozart-clcon-walton-1955/

もう一曲。Tchaikovskyのヴァイオリン協奏曲です。ウクライナ生まれの名手、Nathan Milsteinの1940年録音でお届けします。演奏が素晴らしいだけでなく、この時代の米Columbiaの録音技術の高さが光るディスクです。もちろん78回転盤のEQカーブを使用しています。多少スクラッチノイズが乗りますが、お楽しみください。
https://eqcurves.com/2022/05/07/tchaikovsky-vncon-milstein-1940/
 

珈琲と音楽

 投稿者:osaka59  投稿日:2022年 5月 6日(金)09時05分27秒
返信・引用
   珈琲のお話ありがとうございます。何も考えないで買っていました。そりゃあ珈琲で商売が成り立つのですから
色々あってあたりまですよね。まあ、私のようなものは、流れにまかせて飲ませていただくしかないようです。
 私の場合は、珈琲を一日にうすめで牛乳入りを6杯くらい飲みます。これって、音楽の聞き方も同じですわ。
小さなUSB&SDラジオで小さな音量で聞いています。
 今朝は、Kodaly Quartet:Beethoven:sq11op095とsq12op127をBGMに用事や食事(できるだけ野菜や納豆
などを食べるようにしています)をしました。sq12op127がお気に入りでよく聞きます。
 

spotify

 投稿者:林 侘助。  投稿日:2022年 5月 5日(木)18時45分51秒
返信・引用
   愛用者からのメールもいただきました。有料版はちゃんと全曲聴けるみたいですね。無料版は選曲にちょいとコツが必要みたいです。自分は聴くべき音源は膨大に手許にあるので、利用する頻度は少ないでしょうが、ちょっとした確認には充分有用と思います。便利な時代となりました。

話題変わって珈琲の件。自分は現在業務スーパーのラグジェリッチ(豆)2-3種あって順番に購入しております。

サンディの400g360円の裏面を確認いたしました。ポイントは原産国、トップがヴェトナムになっていて、あれはロブスター種。ボディと苦味はあるけれど香りが足りません。そういう豆なんです。アイスコーヒーなんかには必須です。

それで香りを少しでも出すために伯剌西爾を少々ブレンドするのですね。十数年前の業務スーパーに似たようなブレンドがあって、安さに惹かれて購入した挙げ句、消化に苦労した記憶もありました。

先日喫したミスター・ドーナツの珈琲も高い豆使ってませんよ、あれはブレンドや焙煎の工夫でそれなりの個性を出しているんです。若い頃、珈琲の卸元にいろいろ学んだものです。

http://kechikechiclassi.client.jp/

 

spotifyに関する記事を

 投稿者:narkejp  投稿日:2022年 5月 5日(木)13時05分50秒
返信・引用
  ご紹介いただき、ありがとうございます。この記事へのアクセスがずいぶんありました。皆さん、興味を持っておられるのでしょうか。Classic Essentials を流していると、50年前のNHK-FMのテイスト「流しっぱなし」を感じます(^o^)/
Beethoven のピアノ協奏曲第5番「皇帝」の第2楽章を聴いた後で、当然のごとく終楽章になだれ込むと思っていると、突然、ぜんぜん関係のない曲が始まってしまうのはいかがなものかと思いますが、まあそんなもんだと割り切ってしまえば良いのでしょうか(^o^;)>poripori
あまりマニアックな聴き方ではなく、他ジャンルの音楽をちょい聴きするのにはたいへん便利です。

https://blog.goo.ne.jp/narkejp/

 

レンタル掲示板
/62