teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:417/3829 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

晴れ、北京帰り

 投稿者:いぬん堂  投稿日:2019年 5月29日(水)18時13分34秒
  通報 返信・引用 編集済
  北京の事全然書いてませんが、帰ってきてます。
先週土曜日羽田出発。チェックインカウンターの前にパンツが捨て置かれているのを見て、重量制限で引っかかって、パンツだけ捨て置いたのでは?とか笑っていたら、メンバーのだった笑笑。
フライトは三時間ちょっと。空港からホテルまで観光バスみたいな大きなバスで、1時間40分もかかった。東京、成田くらいか?北京は渋滞が酷く、渋滞がなければもっとはやいかもしれない。
ホテルに着いて、隣のショッピングモールにある中華でメシ。メンバーは会場に機材のチェックへ、俺は戸川さんの取材に立ち会った。80分くらいで終わるはずが、三時間くらいかかった。ラジオの取材も。寝たのが、現地時間で2時半とか。日本はこれにプラス1時間なんで、とっくに寝てる時間だ。
翌朝というか、三時間後。なんか目が覚めて、メールを見てみたら、日本から当日入り予定だったエンジニアが、ビザの関係で急遽来れなくなったとの連絡が。マジスカ!参ったなぁと思いながら、朝食を朝イチで食い始めた。担当に、朝からリハができないか?と交渉。朝早すぎてわからないけど、8時にロビーで待機してとの指示。メールが通じるメンバーには事前に知らせたけど、通じない人は、朝からすまんけどドアからドアへノックして起こしてまわった。
ロビーで待っていると、当日同じステージにでる日本から来たバンド、モーモールルギャバンさんと遭遇した。もしや、日本からエンジニア連れて来てませんか?そして、それなら、急な話だけどうちのエンジニアもやってもらえませんか?と、頼みこんだ。
快諾!してもらい、なんとか首の皮一枚つながった!ありがとう!しかし、午前のリハは時間とれずなしに。まぁ、折からの雷雨で、モーモーさんも1曲しかリハできなかったそうだし、時間とれてもできなかった可能性が高いけど。
そこからは時間はあったんで、日本では絶対行かないファストフードとか茶店に行ったり、リハから戻って来たモーモーさんのエンジニアさんと打ち合わせしたり、かなりの待ち時間。メンバーは、5時にスタンバイ、俺と戸川さんは7時にスタンバイという段取り。
ホテルから会場は、車で30分くらい。異様な数の警備員の中会場に着くと異様なデカさ。高架下にあたり、上を新幹線が通過するのが見えた。7時半でもまだ少しあかるい。前のバンドが、悪天候で飛行機が飛ばず、キャンセルになったので、二時間リハの時間がとれたのは幸いしたけど、向かいのステージの音がかなりでかく、あまりいい環境とは言えず。モニター担当の現地のエンジニアとのコミュニケーションは、マカオから来てくれたベラさんの知り合いのエリックに任したけど、なかなか大変だった。ホント、時間があって助かった。
9時に予定通り開演。全体で8万人も動員との事だけど、見ていたのは数千人という感じ。心配していたモニターも問題なく、雨もあがり、非常に涼しい。本人の喉の調子もいい。コウさんのギターアクションがカッコいい!かなり新鮮だ。MCがほぼないのでサクサク進み、全11曲で50分くらいだったと思う。蛹化の女ではやはりペンライトが、パンク蛹化は日本語での大合唱だった。
ホテルに帰って、モーモーさんと合同で打ち上げ。いや、ホント、何とか終わってよかった!
担当は、頭脳警察のさよなら世界夫人よが好きと言っていたけど、PANTAさんを知らなかった笑笑。まあ、そんなこともある。裸のラリーズ、ゆらゆら帝国はわかるけど、光束夜まで聴くそう。チャイナ恐るべし。
打ち上げ終わりの深夜、ロビーでステージプロデューサーと今後の打ち合わせ。今度は1000人規模のとこでワンマンしてほしいとか、そのほか色々コラボレートしたいとのこと。深夜3時近くまでやっていたと思う。
翌朝、11時にホテルをでて帰路に。空港のチェックインは、エリックにお世話になった。しかし、やはりばらばらに移動せざるを得ない場面もあり、ちとめんどくさい事もあったけど、何とか帰れた。お疲れした!
中国では、WeChatという中国版LINEのようなアプリで、メッセージ、電話で連絡とりまくった。日本ではLINEやってないのに。Facetimeオーディオでも電話ができたんでガンガンに使った。今後も使えそう。

 
 
》記事一覧表示

新着順:417/3829 《前のページ | 次のページ》
/3829