teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/320 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

国による言論弾圧の手段として放り込まれる精神病院という強制収容所内での心理テストでは、日本国憲法の条文に違反する質問があります。

 投稿者:注釈の人  投稿日:2022年 2月21日(月)15時34分22秒
  通報
  下記の音声データを聞いての通り、「英国の偽装された植民地であるこの国にとって、都合の悪い主張の張り紙」を自衛隊の前で貼った私「注釈の人」こと荒谷直人は、裁判を受ける権利すら剥奪されて宝塚三田病院という精神病院に収容される事になります。

2021年10月22日 午後21時38分 伊丹の自衛隊の駐屯地に貼り紙を貼った件で警察が来た この後裁判を受ける権利もなく宝塚三田病院に収容される
https://43.gigafile.nu/0422-d61b8c1cc0dc0d7c65ab3827d4b924357

そこで私はコロナ禍を「建て前」として、個室への完全な隔離生活を強要される事になります。
四畳半ほどの個室の中をただ動物園の檻の中に捕らわれた動物のように歩き回ることしか出来ず、
そして普通のトイレに行く権利すら奪われ、入り口の窓から見える範囲でポータブルトイレで用を足さなければならなかったり、人間としての尊厳を奪われた状態で最初の10日間を過ごしました。
そこから4人部屋に移って、数週間後に私に病名(要は社会的発言権を奪う為のレッテルですね)を付ける為に臨床心理士による心理テストが行われました。
臨床心理士の人は人間的に問題のない人でしたが、心理テストの内容がこの国の日本国憲法に違反している内容でした。
私が受けた心理テストで問題となるのは、三京房という出版社が出している「minnesota multiphasic personality inventory」という心理テストのタイプB質問票に出てくる4-8の質問です。
下記にその証拠の写真をアップします。
これは質問に対して「はい」か「いいえ」で答える心理テストですが、

キリストの再臨(もう一度この世に現れること)を信じる

という質問の項目がありました。
まるで中世の異端審問や魔女裁判の時に出される質問です。
国の法の執行者である警察の手続きによって強制収容された精神病院において、キリスト教主観によるこの質問は、私のような神という非科学的な存在を信じない無神論者や、キリスト教以外の他宗教の人たちに対してキリスト教の価値観を強要する行為になります。
なんせ、精神病院内では職員に反論しても「病識がない」と言われ続けるだけですからね。
ようは筋の通っていない事に対しての「反論権」を奪われている人に対して、こんな心理テストが全国の精神病院内で行われている訳です。
この心理テストを考えた人にとって、キリストの存在を認めない人は全員「頭のおかしい人」なのでしょうね。
この国の日本国憲法にはこう書かれています。

第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
② 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
③ 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

さすがにキリスト教圏の英国の偽装された植民地であるこの国の日本国憲法ですね。
「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。」のあたりの条文に、キリスト教という宗教団体は含まれていないようです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:15/320 《前のページ | 次のページ》
/320