teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:18/319 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

荒谷直人です。 この3ヶ月の間、書き込みが出来なかった理由を説明します。

 投稿者:注釈の人  投稿日:2022年 1月17日(月)17時29分8秒
  通報
  荒谷直人です。
この3ヶ月の間、書き込みが出来なかった理由を説明します。
私、荒谷直人は10月21日~10月22日の2日間に渡り下記の内容の貼り紙を自衛隊の伊丹駐屯地の周辺全域に貼りました。

googleで「荒谷直人 言論弾圧」で検索
この国は明治時代以降、英国の偽装された植民地となっています。第2次世界大戦以降は英国の植民地の憎しみを私たち日本人に向けさせるために行われた八百長の戦争です。これを分割統治といい、後に世界は資本主義と共産主義という巨大な分割統治によって英国の偽装された植民地になりました。私、荒谷直人はそれを立証したために、言論弾圧を代行している創価学会から人権侵害を受けています。

自衛隊に貼り紙をする前に大阪の北区周辺や福島駅周辺でも貼っていたので、この貼り紙を見た人も多いと思います。
この貼り紙を自衛隊の伊丹駐屯地周辺に貼った2日目の夜、伊丹警察署の警察官が私の家を訪ねて来ました。
伊丹の自衛隊駐屯地から貼り紙に関しての被害届が出ていると。
丁度よい機会だったので、私は私が立てた下記のスレを伊丹警察の職員に紹介ました。

マルクス主義の洗脳方法 part3
https://itest.5ch.net/test/read.cgi/kyousan/1566112169/47

創価学会にされた嫌がらせを書いていって下さい2
https://itest.5ch.net/test/read.cgi/koumei/1590754700/l50

そして、約一時間の問答の末に伊丹警察署に連行されました。
この時点で日本の警察は私のスレの内容を調書に書かざるえなくなります。
その結果、下記のスレの494と495の私の書き込みを「見て見ぬふり」が出来なくなります。

兵庫県尼崎市について語ってみるスレPart12
https://itest.5ch.net/rosie/test/read.cgi/kinki/1537199625/682-n

>0494 注釈の人 2018/11/19 10:53:54
>尼崎の警察は、マルクス主義の偽装組織である創価学会や朝鮮総連の犯罪を揉み消します。
たとえば、こんな犯罪も。
下記のリンク先で紹介されている「かんなみ街」。

https://pan-pan.co/detail/49426

自分で言うのもなんですがこの3年前の私の書き込み。「かんなみ街」で売春が行われている事を立証するには完璧な書き込みだったと思います。
そして、私が伊丹警察署に連行されたわずか一週間後、「かんなみ街」は70年の歴史に幕を閉じます。
下記の記事を見ての通り。

尼崎の歓楽街「かんなみ新地」70年の歴史に幕 「無法地帯」に何が
https://www-asahi-com.cdn.ampproject.org/v/s/www.asahi.com/amp/articles/ASPDW3TY5PDRPIHB028.html?amp_js_v=a6&amp_gsa=1&usqp=mq331AQKKAFQArABIIACAw%3D%3D#aoh=16423972124671&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&share=https%3A%2F%2Fwww.asahi.com%2Farticles%2FASPDW3TY5PDRPIHB028.html

警察は認めないでしょうが、こんな出来すぎたタイミングがあり得る訳もなく、明らかに私のスレや書き込みの事を調書に書いた事が原因ですね。
このような、私を連行したその後の警察の不自然な動きといい、私が医療保護という形で精神病院に送られるのは、私に対しての本来の言論弾圧の予定にはなかった形になったからでしょうね。
本来の予定では行政による「措置入院」という形で警察の調書に書かれる事なく私は口を封じられていたでしょう。
私が引っ掛かったのはおそらく、私に対しての言論弾圧手段ではなく、自衛隊駐屯地周辺で「刑事事件にすると都合の悪い主張」をする人物に対しての「不審者対処プログラム」なのでしょうが、
裁判も受ける事なく精神病院送りになるあたり戦前の思想犯に対処と変わりませんね。
もっとも、この国が戦前も戦後も英国の偽装された植民地だからこそ、その植民地の終焉を望む私は思想犯だという事なのかもしれませんが。
その後、私は伊丹市よりさらに遠い宝塚市にある「宝塚三田病院」という精神病院に医療保護入院という形で送られる事になります。
そこで私は病名すら決まっていない段階から、統合失調症の患者に処方される薬を飲まされる事になりました。
処方箋を渡される事なく11月9日に飲む事になったその薬は「めまい、はきけ、思考力の低下、午後に心臓に激痛」といった薬とは名ばかりの酷い症状を及ぼすものでした。
しかし、今回のケースが特殊な状況という事もあり、私の担当医の先生は意外にも人道的な先生で「キツかったらスキップしていいよ」と言ってくれたので、次の日から薬を飲むのをやめました。
次の日まで症状が続いたので、あれを飲み続けていたら私は廃人になっていたかもしれません。
上からの指示もあったとは思われますが、それにも関わらず投薬を止めてくれた担当医の先生には感謝しています。
しかし、担当医の先生には「今度、貼り紙をしてここに送り困れる事になったらあの薬を飲んでもらいます。」と釘もさされているので、これ以降の貼り紙による宣伝は出来なくなりました。
これ以降は、私が流す情報の拡散はこれを見ているインターネットの向こうの「私の協力者」の皆さんにお任せします。
当然、表向きには私「荒谷直人」を批判しつつ。
私の考えに賛同する者だと知れたら、いつ誰が精神病院に送られる事になるかわからないですからね。
現在の私はこれを見ている皆さんという「証人」のおかげで首の皮一枚で命が繋がっている状態です。
退院後の私には「あまなクリニック」という通院義務が生じ、「未来創造企画」という場所から訪問看護が派遣されます。
その分、私の行動には制限がかけられます。
いずれも、それらの施設が虚偽の報告をするだけで私を再び精神病院送りにする事が可能です。
もし、騒音の被害を訴えてもこちらの幻聴という事にされるでしょうからね。
それと、この書き込みが私本人だという証明として、今回の医療保護入院の際に渡された紙をアップします。
もし、言論弾圧の手段として「精神病」というレッテルを貼られたとしても、誰も負い目を感じないようにする為に。
 
 
》記事一覧表示

新着順:18/319 《前のページ | 次のページ》
/319