teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:45/320 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今回は現代におけるコロナ禍における日本の状況と「イギリス領アメリカ植民地における奴隷法」との酷似している点を書きます

 投稿者:注釈の人  投稿日:2021年 6月25日(金)23時51分38秒
  通報
  下記の法律はインターネットで拾った歴史資料ですが、「イギリス領アメリカ植民地における奴隷法」です。


イギリス領アメリカ植民地における奴隷法

<奴隷の取り締まり,刑罰に関する項目>
1)奴隷の逃亡を禁止する。SC1690, 1712, G 1770, V 1705, M 1751, NY 1741
2)奴隷が通行証を所持せずに外出することを禁止する。B 1688, J 1696, SC 1690, 1712, 1740,
G 1755, 1765, V 1705, NC 1741
3)奴隷が集会を開くことを禁止する。SC 1740, G 1765, 1770, V 1662, M 1723, NY 1702
4)奴隷が反乱を起こす,または準備することを禁止する。B 1688, SC 1712, 1740, NC 1741
5)奴隷が重罪(殺人,窃盗,放火)を犯した場合の刑罰を定める。B 1688, J 1696, SC 1690,
1712, 1740, G 1755, 1765, M 1723, 1751, NY 1712 (SC 1740, G 1755, 1765 では逃亡も重
罪としている)
6)奴隷が白人を攻撃することを禁止する。B 1688, J 1696, SC 1690, 1712, G 1765, V 1705,
M 1715, NY 1702
7)主人たちは奴隷が家に武器を所有しているか調査する。B 1688, J 1696, SC 1690, 1712,
1740, V 1705, M 1715

<奴隷の保護に関する項目>
1)奴隷は年に一度,衣服を与えられる。J 1696, SC 1690, 1740, G 1755
2)奴隷を故意に殺害したり体罰を与えた者への刑罰,罰金を定める。J 1696, SC 1690, 1740,
G 1755, 1765, 1770
3)一部の奴隷に1エーカーの土地を与える。J 1696
4)主人は奴隷にキリスト教教育を行い,洗礼を受けられるように努力する。J 1696
5)土曜日や日曜日に休暇を与える。SC 1690, 1740, G 1755, 1765, 1770
6)一日の労働時間を 14~16 時間に制限する。SC 1740, G 1755
7)奴隷は資格証明書があれば銃を使って狩猟を許可される。G 1755, 1765, 1770, NC 1741
8)奴隷は功績があると認められると自由になれる。SC 1712, NC 1741

奴隷の身分に関する項目>
1)植民地で生まれた子供が奴隷になるか自由になるかは,母親の身分に従って決まる。SC
1712, G 1755, 1765, 1770, V 1662, 1705, M 1715, NY 1706
2)奴隷が洗礼を受けても自由にはなれない。J 1696, SC 1690, 1712, V 1667, 1705, NY 1706


そして下記のマニュアルが、創価学会内部から流出したとされる創価学会員が嫌がらせの為に実行しているマニュアルです
誰がこのマニュアルを流出させたかは判りませんが、私の創価学会の被害者なのでこの内容は非常に説得力があります。


創価学会敵対者駆除マニュアル

a)創価学会への強固な敵対者に対しては、将来的に考えてもその子息子女を落とす必要がある。
 子息子女の不幸により折れる可能性も高い
 子息子女へは創価学会への反発しないように躾ける
 敵対者の子息子女の結婚は潰す必要がある
 会員の子息子女の敵であってはならない

b)会員の商売敵も排除する事は資金確保の上で重要である。
商売敵の子息子女も、将来を見据え落とす必要がある。
会員の子息子女の商売敵にならぬように落とし躾ける

c)敵対者が地域で高評を受けぬよう計らう。

d)各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要がある。
 くれぐれも会員が疑われてはならない。

e)敵対者の言に信頼が集まらないよう計らう。
f)敵対者の安定につながる者らも落とす必要がある。

g)常に経済的/心理的に圧迫させる必要がある。


このマニュアルと上記の「イギリス領アメリカ植民地における奴隷法」とを比較してみると、非常に内容が酷似している事がよく判ると思います。
酷似しているというよりは、下記の項目を実際に実行しているのが創価学会という事ですね。

<奴隷の取り締まり,刑罰に関する項目>

3)奴隷が集会を開くことを禁止する。SC 1740, G 1765, 1770, V 1662, M 1723, NY 1702
4)奴隷が反乱を起こす,または準備することを禁止する。B 1688, SC 1712, 1740, NC 1741

<奴隷の保護に関する項目>

4)主人は奴隷にキリスト教教育を行い,洗礼を受けられるように努力する。J 1696

「奴隷の保護に関する項目」の方が「思想・信条の自由」に反しているのが皮肉ですね。
こうやって、彼ら黒人の奴隷はそれぞれの土着の神の信仰を捨てされられ、キリスト教へと洗脳された訳ですね。
まさしく奴隷制度です。
イギリスのウィンザー朝にとって、つまり支配者側にとって宗教なんてものはただの支配のツールにしか過ぎませんから、日本においてはこれがキリスト教ではなく創価学会だったりする訳です。
この「イギリス領アメリカ植民地における奴隷法」は、このイギリスの偽装された植民地である日本においても酷似しています。
特にこの意図的に生み出されたコロナ禍においてはそれが明確になっています。
例えば、「奴隷の取り締まり,刑罰に関する項目」をこのコロナ禍の現在の状況や法律に当てはめてみます。


1)奴隷の逃亡を禁止する。SC1690, 1712, G 1770, V 1705, M 1751, NY 1741

これに関しては、もともとこの日本国は島国なので、植民地になった時点からこの国のどこにも逃げ場はありません。
実際、私が青春18キップを使って九州まで旅行に行った時、私が止まったホテルの両隣と上下の階の部屋に関係者が占拠して一昼夜中、騒音を流し続けました。
他に人が泊まっていないホテルだったので、私の部屋を中心に赤十字のマークのように外から明かりが灯っているいる様子が滑稽でしたよ。

2)奴隷が通行証を所持せずに外出することを禁止する。B 1688, J 1696, SC 1690, 1712, 1740,
G 1755, 1765, V 1705, NC 1741

この国は他国の植民地だけに、身分証明書がなければ役所の手続きも何も出来ませんからね。

3)奴隷が集会を開くことを禁止する。SC 1740, G 1765, 1770, V 1662, M 1723, NY 1702
4)奴隷が反乱を起こす,または準備することを禁止する。B 1688, SC 1712, 1740, NC 1741

まさしく、このコロナ禍はこのルール為に実行された茶番です。だから「密になるな」と政府は必死こいて言っているのですよ。
マスコミのその不自然な煽り方に疑問を持っている人も多いでしょうが、こういう事ですよ。ようは人が一か所に集まって反乱を画策する事を恐れているのですよ。
茶番といっても、バラ撒かれたウィルスは本物でしょうけどね。使おうと思えば炭疽菌まで使える植民地の支配者がわが偽物のウィルスを使うとも思えませんからね。
インディアンに天然痘付きの毛布をプレゼントした側が、民意の誘導の為にフェイクのウィルスを使うはずもありませんから。

5)奴隷が重罪(殺人,窃盗,放火)を犯した場合の刑罰を定める。B 1688, J 1696, SC 1690,
1712, 1740, G 1755, 1765, M 1723, 1751, NY 1712 (SC 1740, G 1755, 1765 では逃亡も重罪としている)
6)奴隷が白人を攻撃することを禁止する。B 1688, J 1696, SC 1690, 1712, G 1765, V 1705,
M 1715, NY 1702
この偽装された英国の植民地である日本において、分割統治の為に代理統治をしているのは在日朝鮮人や在日中国人であったりしますから、
この「奴隷」のあたりを私たち日本人、特権階級の「白人」のあたりを在日朝鮮人や在日中国人だと考えれば、まったく当時と同じように機能している奴隷制度のルールだという事が良く判ると思います。
実際、私たち日本人が犯罪に巻き込まれたり、在日朝鮮人の男に私たち日本人の女がレイプされても女性は泣き寝入りです。
それどころかレイプされた女の人は、その後「全ては男社会のせい」と擦りこまれ、彼らの関係組織であるフェミニズム団体の女尊男卑を主体とする価値観で洗脳された後に、同じ日本人の男を攻撃させられるぐらいです。
「自分は男に犯されたから、自分は男に何をしても許される」という、工作員として利用するには都合のよい価値観を擦りこまれてね。
近所で嫌がらせに関わている女性を見る度に、「女ってトラウマ与えられた程度で簡単に洗脳され、他人にコントロールされるほど弱くてチョロいんだな。」と思ってしまいますけどね。
少なくとも男である私は、父から与えられたたった一言の「子供が生まれるからもう会いに来ないでね」という台詞によって生じたトラウマすら分析して、
「こいつは俺の前で悪役を演じる事によって、残った唯一の親である母親に俺を依存させて洗脳しようとしていたのだな」と考える程度には、自分に植え付けられたトラウマを冷めた目で見ていますけどね。
女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人なんかは死刑になるどころか、上からの命令通り犯罪を犯した「ご褒美」として結婚相手が用意されているぐらいです。
この事件も加害者が共産党員と創価学会員(聖教新聞で韓日と表記されるほど幹部は在日朝鮮人)がグルになって起こした事件として有名ですからね。
逆に、私たち日本人を奴隷として管理する為にこの国で代理統治を行っている在日朝鮮人や在日中国人の犯罪に日本人が文句を言っても、「差別」と連呼されて黙らせようとします。
私たち日本人を差別している側がです。
さらに「在特会」というような日本人の諸外国に対しての印象誘導を行う為の組織が、在日朝鮮人に利敵行為を行う組織によって、私たち日本人の在日朝鮮人や在日朝鮮人への批判はあれと同類に見せようとします。
まさしく、この分割統治の日本においての、奴隷(私たち日本人)が白人(その白人から代理支配特権を与えられた在日朝鮮人や在日中国人)の関係のルールを定めた法律は、現代でも偽装された形で機能している訳ですね。


7)主人たちは奴隷が家に武器を所有しているか調査する。B 1688, J 1696, SC 1690, 1712, 1740, V 1705, M 1715

これは説明する必要すらありませんね。
「銃刀法違反」という法律です。
在日朝鮮人が主に主体となっている「ヤクザ」という組織の武器だけ今まで野放しになっていたのは、植民地においては彼らが奴隷の管理特権を与えられた在日朝鮮人や在日中国人だからです。
ようは昔の名誉白人の特権を、代理統治の為に彼らが与えられているだけですけどね。
それがバレたので、今は創価学会がヤクザに変わって代行しています。
もう国民にはそれすらもバレているので意味もありませんけどね。
私の流す情報を「通りすがりの誰か」が流してくれているおかげです。

奴隷の身分に関する項目>
2)奴隷が洗礼を受けても自由にはなれない。J 1696, SC 1690, 1712, V 1667, 1705, NY 1706

特に加害者側である創価学会の皆さんは、このあたりが自分の状況と一致していると自覚している人も多いんでしょうね。
創価学会員になったとしても、他者への嫌がらせの命令を受ける毎日が続くだけで、その命令の実行中は自分の自由が組織に奪われるだけですからね。


以上がこのコロナ禍における、イギリスの偽装された植民地である日本国の現在の状況と、「イギリス領アメリカ植民地における奴隷法」とが酷似するポイントです。
こうやって比較論証してみると、「イギリス領アメリカ植民地における奴隷法」と内容が全部一致しますね。
私の今回の論証をどうとらえるかは見た人の自由です。
それが本当の「言論の自由」というものですからね。

久しぶりに私事(わたくしごと)の話ではなく、現代の偽装された植民地であるこの日本の現状と「イギリス領アメリカ植民地における奴隷法」との類似点というテーマで比較論証をしてみましたが、
前回の録音データよりは、今回の「ただの文章による論証」は、現支配者であるイギリスのウィンザー朝には何倍もダメージを与えられると思いますよ。
少なくとも、今回の私の書き込みを見た人には、コロナを建て前にした民意の誘導なんてものは通用しなくなるでしょうからね。
私「注釈の人」こと荒谷直人もいつ突然、「検診命令書」という名の処刑宣告書をケースワーカーから突き付けられ、特別に私専用に作られた有毒ワクチンを強制的に打たれた後、変異したコロナに感染したという形で殺されるか、精神病院という言論弾圧の為の施設に送り込まれて殺されるか判らぬ身です。
生きている間に「言論の自由」の権利は行使させて頂きますよ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:45/320 《前のページ | 次のページ》
/320