teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


コレクションの規模

 投稿者:narkejp  投稿日:2015年 9月30日(水)19時38分55秒 ntymgt035182.ymgt.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  「過剰に収集すると使わなくなる」記事のご紹介、ありがとうございます。昨日のアクセス解析の結果を見ると、「KechiKechiClassics♪」経由で来訪された方が、ページビューで46もあり、Google経由に次いで第2位でした。影響力大きいですね(^o^)/
私も、増えすぎたモノに業を煮やし、無意味にミニマリズムに憧れることもありますが、かつて単身赴任をしたときに、シンプルな暮らしの中にも「遊びとうるおい」が欲しくなった経験をしていますので、「ほどよい規模というのがある」説を唱えておりまする(^o^)/

http://blog.goo.ne.jp/narkejp/

 
 

Re: 『大黒屋光太夫』

 投稿者:林 侘助。  投稿日:2015年 7月26日(日)18時28分44秒 KD106142181013.au-net.ne.jp
返信・引用
  > No.157[元記事へ]

 現代とは価値観も距離感も違う時代でしょ?光大夫のハラの座った人物像、粘り強さ、人懐っこさ、頭の良さ、柔軟性に驚かされます。

 おそらく伊勢→根室でもそうとうな距離と思うけれど、露西亜経由、鎖国時代の異国の地で生き抜く気力に圧倒されましたよ。吉村さんの力作も読んでみたいですね。

> 吉村昭著、毎日新聞社刊の単行本で読みました。あれは良かったですよ。調査が行き届いていて。司馬遼太郎さんは、『坂の上の雲』全五巻中、陸軍の白米と脚気病について触れていたのは、わずかに1行でした。これも、ある意味、驚きでした(^o^)/
>

http://kechikechiclassi.client.jp/

 

『大黒屋光太夫』

 投稿者:narkejp  投稿日:2015年 7月26日(日)13時44分34秒 ntymgt035182.ymgt.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  吉村昭著、毎日新聞社刊の単行本で読みました。あれは良かったですよ。調査が行き届いていて。司馬遼太郎さんは、『坂の上の雲』全五巻中、陸軍の白米と脚気病について触れていたのは、わずかに1行でした。これも、ある意味、驚きでした(^o^)/

http://blog.goo.ne.jp/narkejp/

 

Re: いえいえ4枚ありますよ

 投稿者:KIYOSHI  投稿日:2015年 6月13日(土)21時58分1秒 210-20-81-63.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > No.155[元記事へ]

>  ちゃんと連続して遡って下さい。

本当だ! どうもそそっかしくて・・・。実に良いですね。重ね重ねありがとうございました。
 

いえいえ4枚ありますよ

 投稿者:林 侘助。  投稿日:2015年 6月13日(土)21時12分35秒 KD106141124040.au-net.ne.jp
返信・引用
  > No.154[元記事へ]

 ちゃんと連続して遡って下さい。

> 林様
>
> ありがとうございました。問題なくダウンロードできました。まだ2枚しかないんですね。あと2枚が楽しみです。アントン・パウリクはLP時代に名前だけ聞いたことがありましたが,聴いたことがなく,その後完全に忘れていました。クレメンス・クラウスやウィリー・ボスコフスキーばかりに目が行っていましたが,パウリクはとても良いですね。

http://kechikechiclassi.client.jp/

 

Re: どうやって?

 投稿者:KIYOSHI  投稿日:2015年 6月13日(土)17時08分9秒 210-20-81-63.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > No.153[元記事へ]

林様

ありがとうございました。問題なくダウンロードできました。まだ2枚しかないんですね。あと2枚が楽しみです。アントン・パウリクはLP時代に名前だけ聞いたことがありましたが,聴いたことがなく,その後完全に忘れていました。クレメンス・クラウスやウィリー・ボスコフスキーばかりに目が行っていましたが,パウリクはとても良いですね。
 

Re: どうやって?

 投稿者:林 侘助。  投稿日:2015年 6月11日(木)23時23分20秒 KD106141072105.au-net.ne.jp
返信・引用
  > No.152[元記事へ]

http://lincoonnn.blogspot.jp/2015/06/4-strauss-dynasty-vienna-dances.html

これは4枚目のURLです。

下の書き込み欄に

https://mega.co.nz/#!AxBgSIaB!S8mCQB50dZOuQV_dCcmREFDc3oaAWRh3TzSBfR5bnJM

ここに飛んでダウンロードできます。登録も必要ありません。

「LincoonnnP(音盤刻話)」さんは、かつて「音楽日誌」にて「この演奏家は違うんじゃないの」と勝手に書いたら、ちゃんと引用して話題にして下さいました。音楽は言語国境を超える。


> たびたびお邪魔します。J.STRAUSSワルツLP4枚をLincoonnnPからダウンロードしてみたいのですが,どうやってするのでしょうか?まずメールアドレスを書いて登録ですか?

http://kechikechiclassi.client.jp/

 

どうやって?

 投稿者:KIYOSHI  投稿日:2015年 6月11日(木)12時38分8秒 210-20-81-63.rev.home.ne.jp
返信・引用
  たびたびお邪魔します。J.STRAUSSワルツLP4枚をLincoonnnPからダウンロードしてみたいのですが,どうやってするのでしょうか?まずメールアドレスを書いて登録ですか?  

(無題)

 投稿者:KIYOSHI  投稿日:2015年 6月11日(木)11時23分26秒 210-20-81-63.rev.home.ne.jp
返信・引用
  ご無沙汰しております。モーツァルトのピアノ協奏曲が出てきたので、うれしくなりました。モーツァルトは「あれがいい」とか「これが好き」などと気楽に言えるのがいいですね。ベートーベンは恐れ多くて…。私は5番から19番までが好きなのですが、どれを聴くにも、まるで玉手箱を開くような気がします。今度年寄りの学友が集まってCDでも聴こうということになったのですが、私の解説で行うので、モーツァルトのピアノ協奏曲1番から9番までを取り上げることにしました。全部聴くのは時間がかかるので第1楽章だけですが、5番から9番までのどれもはずせません。私は特に9番が大好きですが、5番もいいですね。古楽器好みなのでヤンドーの演奏はまだ聴いたことはありませんが、今度NMLで聴いてみます。内田光子などの情感たっぷりもいいですが、あっさりしているのもいいと思います。
アウストボも好きで、メシアンのCDを何枚か揃えました。イヴォンヌ・ロリオの演奏はもちろんいいですが、アウストボもなかなかだと思います。
私はまだまだCDから離れられません。断捨離などは考えないことにしています。先日、東京新聞に「断捨離などというつまらないことが流行っているが、今を大切に生きろ」と書いてありましたが、その通りだと思います。(しかし、大地震がきたらどうしよう?)なかなか煩悩から離れませんね。
 

アーサー・フィードラー

 投稿者:林 侘助。  投稿日:2015年 5月 8日(金)21時38分31秒 KD106142156247.au-net.ne.jp
返信・引用
  > No.149[元記事へ]

 誰も見ていないようで、誰か見てくださっているんですね。概ね同世代、昔懐かしい話題ばかり。嬉しいですね。

 どんなお高い音源でもちゃんと聴いて、堪能すれば安いということでっせ。じつは秘蔵音源「100 Fiedler Favorites - RCA 7CDs」詳細内容点検したけれど、「天使の夢」は収納されておりませんでした。モノラル時代から膨大な録音があるみたいだから、素敵な音楽は隠れているのでしょう。

 これからもお気軽に声を掛けて下さい。

> はじめて投稿いたします。いつもブックマークしてあって、時々楽しく拝見しています。覗くだけですが、もう3年以上は立っています。いつか連絡を、とは思っていたのですが、今回アーサー・フィードラーの演奏について書かれてあったので、投稿させていただきました。私は林様以上に年を取っていますが、アーサー・フィードラーは本当に良いですね。中学生の頃にLPプレーヤーを買ってもらいまして、それからはクラシックのLPを集めるのが楽しみになっていました。といっても、頻繁にLP盤を買えるわけもなく、宣伝用のカタログで見ながら想像していたことが多かったのですが。そんな中でもアーサー・フィードラー指揮ボストンポップス管弦楽団のLPはたくさんありました。軽音楽からちょっとしたクラシックの有名曲まで。やっと最近になってCDで何枚か集めて楽しんでいますが、アメリカ本国でもちょっと軽んじられているのは、とても残念なことです。私が印象に残っているのは、NHK第1ラジオで朝の8時頃から放送されていた「朝の名曲」とかいう番組でルービンシュタイン作曲の「天使の夢」という曲でした。本来はピアノ曲ですが、アーサー・フィードラー指揮のものは、途中で鐘の音が聞こえるというムードたっぷりの映画音楽のような曲で、まあだいぶミーハー的ですが、とっても良いのです。昔EP盤で持っていたのですが、無くしてしまい、CDで探しても見つかりません。このような小曲は探すのが難しいですね。レコ芸の投書欄にも書いてみたのですが、面倒くさいのかわからないのからしく、完全に無視されてしまいました。(これでレコ芸も読まなくなりました)その後ネット・オークションでこの曲が入ったLPが出ていることを知り、落札しました。ちょっと高くこのサイトにはふさわしくないのですが、まあやっと巡り会えたので仕方が無いことでしょう。だいぶ古い録音でモノラルでした。CDにはなっていないようです。他に入っている曲は、「天国と地獄」序曲、「ウイリアムテル」序曲、「スラブ行進曲」など。普段はこのような曲ばかり聴いているわけではありませんがね。

http://kechikechiclassi.client.jp/

 

レンタル掲示板
/21