teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:159/2918 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

四方田犬彦講演会「白土三平の作品世界」のお知らせ

 投稿者:小西昌幸  投稿日:2017年 1月 9日(月)07時29分18秒
  通報 返信・引用
  ■徳島県北島町創世ホールの小西昌幸です。
あけましておめでとうございます。
2017年2月12日開催の催しのお知らせです。
ご支援いただけましたら幸いです。

【四方田犬彦講演会
「白土三平の作品世界~漫画家生活60年を祝福する」】

日時●2017年2月12日(日)14時30分~
会場●北島町立図書館・創世ホール3階多目的ホール
   771-0207 徳島県板野郡北島町新喜来字南古田91
   電話088・698・1100 FAX088・698・1180

入場料●無料
講師●四方田犬彦(よもた・いぬひこ
 映画史・比較文学研究家、詩人、エッセイスト 63歳 横浜市在住)

内容と趣旨●北島町立図書館・創世ホールは、これまで紀田順一郎、松田哲夫、
 種村季弘、山前譲、柴野拓美、長谷邦夫、杉浦康平、竹内博、木部与巴仁、
 九條今日子、池田憲章、辻真先、松居竜五、今野勉、東雅夫、根本圭助、
 小池一夫、山田太一、地引雄一という方々の講演会を開催、全国から注目を
 集めてきた■このたび創世ホールは、批評家の四方田犬彦氏を講師に招き、
 白土三平について論じていただく■「忍者武芸帳」「サスケ」「ワタリ」
 「カムイ伝」等の作品で著名な漫画家・白土三平は、2017年に
 漫画家生活60年を迎える。四方田氏は、その著作『白土三平論』で
 この巨大な表現者の作品世界をつぶさに解析するという偉業を成し遂げた。
 現在の日本で、白土論を語るのに最もふさわしい講師であると考える
 ■四方田犬彦氏は、1953(昭和28)年2月20日大阪生まれ■映画史・比較
 文学研究家。詩人。エッセイスト■著書は140冊以上に及ぶ■講演では
 『忍者武芸帳』における影丸、『カムイ伝』におけるカムイや正助など
 白土作品における様々な登場人物の生き方や、「忍法秘話」などの
 魅力あふれる作品世界を紹介し、そこに込められたメッセージ解読を
 試みる■北島町立図書館・創世ホールは、この催しによって、
 一時代を築いた漫画家の人と作品を紹介し、芸術文化や創作の
 一つの核心に迫りたい■この企画が必ずや人々に感銘を与え、
 意義深い催しになるであろうことを我々は信じてやまない。(文中一部敬称略)

主催●北島町立図書館・創世ホール
特別協賛●㈱筑摩書房、㈱青林工藝舎
後援●徳島新聞社、朝日新聞社徳島総局、毎日新聞社徳島支局、
 読売新聞社徳島支局、四国放送㈱、エフエム徳島、エフエムびざん、
 キューテレビ、ケーブルテレビ徳島、あわわfree、Geen、タウン情報トクシマ、
 さらら、タウン情報CU*

■我が国を代表する漫画家・白土三平。そのまぎれもない偉業を、俊才・四方田犬彦が
四国徳島の地で縦横に語る奇跡の催し、ここに実現。興奮必至! 感動必至!
多数ご参集ください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:159/2918 《前のページ | 次のページ》
/2918