teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:310/2919 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

いぬん堂のあまちゃん発バクネヤング行の巻

 投稿者:いぬん堂メール  投稿日:2013年 5月25日(土)10時05分47秒
  通報 返信・引用
  松永豊和センセが「バクネヤング」を映像化するなら、杉本哲太氏が城山役がいいとツイートしていて、勝手に妄想して盛り上がってます。映像化は基本NGだそうですが。ハリウッドならありなのか?しかし、杉本哲太氏の城山見たいなぁ。「あまちゃん」の杉本哲太氏の演技を見てそう思ったそうで。確かに、杉本哲太氏の顔芸はいいです。おしゃべり豚野郎のくだりは爆笑でした。目の動きがいい。映像化されるにしても、馬久根を地でいける人がいないかな。顔がバクですからね。特殊メイクでいけるかな。

で、松永豊和センセですが、webで「パペラキュウ」を執筆中です。「パペラキュウ」は「バクネヤング」の中にも馬久根が読んでる漫画として登場しますが、子供の頃描いた漫画だとインタビューで読んだ記憶があります。それと今執筆してる「パペラキュウ」が同一かはわかりませんが。内容は相変わらず濃密で、こんなの全部無料で読めるのかよ!ってくらいお得です。http://book.geocities.jp/monene39/paperakyu00.html

日記を読むと2011年からこれを描いています。すでに2年描いてますが、続行中です。そうか、今は商業誌で描いてないのか。失礼ながら知りませんでした。「竜宮殿」の1巻を読んでるはずなんですが。「竜宮殿」は3巻で完結。2005年だそうです。で、それ以降何か描いていたかと言うと、自伝小説を書いていたんですね。読んでませんでした。
「邪宗まんが道」
http://book.geocities.jp/monene39/novelmangamiti.html

これも全部無料で読めます。超長いですが、全部読みました。「竜宮殿」以降の3年間はこの小説を書いていたそうです。青木雄二センセらしき人のアシスタントにはじまり、「バクネヤング」連載、「エンゼルマーク」連載、そして青木雄二センセらしき人の葬儀までの話し。パラダイス・ガラージらしき人も登場します。超赤裸々な内容で、「バクネヤング」初版3万部、そのうち半分は断裁されたとか、編集者への不信感が相当な熱量で書かれています。ファンなら非常に興味深く読める反面、作品と人間性は別だと考えてもこれは大変ややこしい人だなと容易に解ります。これを書いていた3年間、漫画の依頼は一切なかったというあとがきにも驚きましたが、それでも漫画をやめないで「パペラキュウ」を描いているのが嬉しいです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:310/2919 《前のページ | 次のページ》
/2919